妻はすい臓がん  更新
妻はすい臓がんを冷静に受け止め、一度も取り乱すことなく、最期まで自分らしく生きた
がんを知ってから死を迎えるまでの5か月を日記風に綴る
-1-
はじめに
■「妻のかな書道遺作展」を開催           2016.04.22.UP
妻が亡くなったのは2014年2月15日。
その日から2年になる節目のとき、妻が遺した作品を展示する「かな書道遺作展」を開きました。

 ・開催期間 2016年2月10日(水)〜2月16日(火)
 ・開催会場 高松市石の民俗資料館
 ・展示作品 26点
 ・来場者数 約400人

ご来場くださいました皆さまに、心からお礼を申し上げます。

この遺作展の様子をホームページにUPしました。
 ・サイトは  「妻のかな書道遺作展」
妻はすい臓がん
・はじめに
・すい臓がんと診断されてから妻が実行したこと
・私がしたこと
・病状など、経過の概略
・足し算の人生と引き算の人生

すい臓がんと分かるまで −病状の経過と受診歴− 2013年 5月 〜 9月20日
親子4人の終活旅行 2013年 9月 21日〜23日
入院 抗がん剤投与 2013年 9月 24日〜30日
セカンドオピニオンと病院選択           2013年 10月 1日〜17日
退院、体調の良いときも悪いときも精力的に活動 2013年 10月 18日〜31日
病状は三進一退、買い物・料理、卓球、会食、秋日和を楽しむ 2013年 11月 
体調はさらに悪化、抗がん剤の投与を止める 2013年 12月
家族全員が揃ったお正月、訪問診療に変更 2014年 1月
10 いよいよその時です
 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
今、思うこと (2014.11.26)
・後悔すること
・これで良かったのだろうかと不安に思うこと
・これで良かったと思うこと
・妻は過去の人、忘れ去られていく
・むなしい、寂しい
・夫婦はどちらかが先に逝く

(続)今、思うこと (逐次、追加)
・妻はほんとうに平穏死だったか?
2014年 2月 1日〜15日
11 告別式前の2日間 2014年 2月 15日〜16日
12 妻が企画した無宗教の告別式(告別式次第、弔辞、別れの挨拶) 2014年 2月 17日
13 告別式の後  未掲載 2014年 2月 18日〜
14 妻から夫にあてた手紙  2013.12.26.書く
15 多方面に活動の人生歌集『花みづき』紹介  『音』2014年7月号に掲載
16 その後のことをつれづれに
17 妻のかな書道遺作展 2016.04.22.UP 2016年 2月 10日〜16日
はじめに                                    ▲TOP
妻は 2013年9月にすい臓がんと診断され、5か月後の2014年2月に死亡。70歳だった。
月日がたつにつれ妻のことであるのに次第に記憶から遠のくようで、これで良いのだろうかと不安に感じることがある。そこで私が忘れたくないことをここに残しておくことにする。
さらに私の記憶に留めるだけでなく、このような者がいたのだということをより多くの方に知ってもらいたいとも思い、ネットにアップするものである。

妻はすい臓がんとどのように付き合ったか、どのように死を見つめ、どのように死を迎えたか、自分の告別式をどのように企画したか、妻はどのような人であったか、私達に何を残したか、私は何をしたか、などである。

すい臓がんと診断されてから死亡するまでの間とその前後のことを、私が記していたメモをもとに、子供たちに発信したメール、妻が残した日誌、短歌などを織り交ぜ、日を追って綴ることとする。

妻が毎日付けていたのは「5年日誌」。
これまで私がこれを見ることはなかった。私が十分に把握できてない妻のこと、妻の時々の思いなどが記されているだろう。ここに転記して残しておきたいこともあるだろう。
今後、日を追って書き進めるとき、妻の日誌を開いていくことにする。(2014.08.10)

後日、妻の「病床日記」が見つかった。これも転載する。(2014.10.28)

妻は、「すい臓がんで余命1年」と告げられたときから、それを自分のこととして冷静に受け止めた。第三者的に自分を見つめていた。一度も取り乱すことなく、泣き言や不平を言うことはほとんどなかった。最後まで自分らしく精一杯生きた。

入院し抗がん剤の投与を淡々と受けた。抗癌剤の副作用と思われる吐き気や倦怠感が次第に強くなってきた。抗がん剤によって死期を少し延ばせるかも分からないが、妻はそれより抗がん剤による副作用で普通の生活ができないことの方がつらかった。抗がん剤を止めて死期が少し早くなっても構わない。痛みや苦しみが小さくてより普通に近い生活をしたいと言った。
12月中ごろ、抗がん剤の投与を自分の意思で止めた。1月からは自宅で訪問診療を受け、痛み止めなどの緩和ケアのみとした。
2014年2月15日、大好きな自宅で亡くなった。

*〜【妻が終末期に残した歌】〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

   わが命いつまでもつやらわからねど一日一日こよなくいとし

   こんなにもあまたの人に愛されし吾かと思ふ病でてしる


妻は常々「私は幸せな人生だった」「自分の幸せのぶにはもうすべて使い果たした」と言っていた。
 (注)「ぶに」は、香川県の方言で 「(運などの)持ち分、割り当て分」のこと。
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
すい臓がんと診断されてから、妻が実行したこと           ▲TOP
・自分が生きた証として、約30年間に詠んだ短歌の中から約900首を収録した遺歌集
 『花みづき』を出版した。短歌は最期まで詠み続けた。

・かな書道も最期まで書き続け、書作展に数回出展し入選した。

・すい臓がんと分かった直後、親子4人 2泊3日の終活旅行を企画し実行した。

・たくさんの友人知人と、会い、自宅に招き、食事会で、手紙や電話で、お別れをした。
 280枚超出した年賀状には、すい臓がんで余命が短いこととお別れの挨拶を記した。

・夫、長男・長女、長男の妻、5歳・1歳の孫に別れの手紙を残した。

・最期まで自分から進んで散歩に出かけ、卓球をし、ドライブや食事に出かけた。

・自治会長の妻として、体操教室、絵手紙教室、講演会、敬老会の企画・開催に協力し
 てくれた。

・自治会内に卓球クラブと絵手紙クラブを立ち上げた。
 どちらのクラブにも病を押して参加し楽しんだ。両クラブとも妻の死後も続いている。

・畳表、障子紙、居間のカーテン、寝室のエアコン、コンロとレンジフードを新しくした。

・庭やプランタに植えた花の手入れを続け、ビオラなどを植え付け咲かせた。

・証券会社などで運用していた国債、投資信託、投資型年金、個人年金保険等のすべてを解約した。

・預貯金の相続を言い残し、長女と長男にはその一部を生前贈与した。

・下や嘔吐の世話、風呂などで周りに面倒をかけることはなかった。最期まで自分でした。

・常々、自分のことができなくなるほどまで長生きはしたくない。早く死にたいと言っていた。
 そうなった。

・自分が葬儀委員長だと言って自分の告別式を企画した。
 その告別式は無宗教。220人超の方が参列してくださり、7人が弔辞を読んでくださった。


私がしたこと                              ▲TOP
治療方法はもとより、終末期の過ごし方、最期をどのように迎えるかなどの選択権は本人にある。
このことを意識しながら、妻が望んだ次のようなことが実現できるよう、妻に寄り添い援助した。

・延命治療は不要、しないこと
・平穏死
・短歌集を出版し、死ぬ前にこれを見たい
・短歌、習字、コーラス、旅行、食事、ドライブ、散歩、卓球、花を身近になど、普段に近い生活を続けたい。


病状など、経過の概略                        ▲TOP
 日々の生活や妻の「5年日誌」「病床日記」、子供に宛てたメールなどの詳細は、上の2〜14に。

2013年(平成25年)
6月頃から 疲れやすくなり、普段の散歩道のちょっとの坂もえらく(しんどく)なった。
時々腹部に鈍い痛みを感じるようになった。胃が悪くなったと思った。

6月27日
利尻礼文への旅行(7月7日〜10日)を前に腹痛が不安で、掛かり付け病院を受診。
このとき、CT検査は2か月後の定期受診日と言われた。すぐにでも検査をしてもらいたかったが、それを言えなかった。後々、言えなかったことを悔やんだ。

その後しばらくは、腹痛や疲れやすいことが気になりながらも、習字・短歌・ボランティア活動・花の世話・・・など普段どおりの生活を続けた。

8月30日 腹痛が次第に強くなり、がまんするのが不安で私の知り合いの医院を受診。
 肝臓に影があるとのことで、肝臓専門医院を紹介された。

9月10日 肝臓専門医院を受診。

9月17日 MRI検査、すい臓がんかも分からない。

9月19日 入院予定のTM病院消化器科を受診。病状と治療方針の説明:
 すい臓がん、ステージ4。手術も放射線治療もできない。死期を延ばしQOLを維持する治療。
 抗がん剤が効けば余命1年。

 これまでの日々のことは ⇒2:すい臓がんと分かるまで−病状の経過と受診歴−


9月21日〜23日
 親子4人の終活旅行。旅行を楽しみ、病気・死・葬儀・墓・・・などのことを話し合った。

 終活旅行の日々は ⇒3:親子4人の終活旅行


9月24日 TM病院に入院。

9月25日 抗がん剤投与1回目。

9月28日〜30日 帰宅、初めて嘔吐。食欲なく一日寝て過ごす。急に病人になった。

 9月24日〜30日の日々のことは ⇒4:入院 抗がん剤投与


10月02日 抗がん剤投与2回目。

10月03日 セカンドオピニオンを受ける。

10月05日〜7日 帰宅。散歩、料理、庭の手入れなど、入院前のような元気さ。

10月12日〜14日 帰宅。
 この3日間は朝夕の散歩、庭仕事、たくさんの料理など入院前と同じ生活。
 あと1年の命が嘘のよう。

10月13日 家族8人揃って妻の喜寿を祝う食事会。

10月16日 抗がん剤投与3回目。えらい(体がだるい)、抗癌剤の副作用か?

10月16日 つわりの時と同じえらさ、食べられない。体調は二進一退。

 10月1日〜17日の日々のことは ⇒5:セカンドオピニオンと病院選択

 (注)「えらい」は、しんどい、苦しい、だるいなど、体調が悪いときに香川県で使う言葉。


10月18日 TM病院を退院。
 10月末までは毎日精力的に活動。
 書道、短歌、友人と会食、園芸、買い物、料理、写真の整理など。

10月24日 抗がん剤投与4回目。

10月31日 血小板が少なく抗がん剤投与ができない。腹痛が強くなり痛み止めが増量された。

 10月18日〜31日の日々のことは ⇒
6:退院、体調の良いときも悪いときも精力的に活動


11月01日 えらい、吐き気、腹痛が強く、TM病院を緊急受診。
 この日から11月末までは、吐き気あり、食欲なく、起き上がるとえらい、ソファに横になる。
 「こんなにえらいのなら、早く死んだ方がまし。こんな状態で1年ももつだろうか?」

11月05日 短歌集の作成に取りかかる。

11月07日
 この頃までは、腹痛・吐き気あり、食欲なく、体を起こすとえらい。
 一日ソファに横になって過ごす。

11月08日〜11月16日は快調。
 食欲ありたくさん食べられる。散歩、書道、買い物、料理、庭の手入れ、卓球、ドライブ、旧友・
 親友との会食、昔の荷物・写真・日記の整理などを精力的にする。

11月14日 抗がん剤をジェムザールからTS-1に変える。

11月17日 えらい、嘔吐。
 この日からしばらくは三進一退。えらい、腹痛あり、食欲なく少ししか食べられない。
 それでも、散歩、絵手紙教室、会食、見舞客と長話しなどを楽しむ。

11月21日 TM病院受診。みぞおちを押さえると痛い。
 抗がん剤が効けば1年、効果が弱ければ1年未満になることもある・・・これを確認した。
 ソファに横になって過ごす時間が次第に長くなる。

 11月1日〜30日の日々のことは ⇒
7:病状は三進一退、買い物・料理、卓球、会食、秋日和を楽しむ


12月09日 この日までは、痛い、しんどいを我慢しつつ、一日一日を大切に過ごし活動した。

12月13日 抗がん剤を躊躇しながら飲む。(以後、飲まなかった。これが最後の抗がん剤となった)
 腹痛、吐き気、食べられない。鎮痛薬の影響か一日中こたつで眠る。
 多くの食事会の約束をキャンセル。

12月15日 長尾和宏著『抗がん剤10のやめどき』『平穏死10の条件』に出会う。

12月18日 船酔い、つわりのよう、倦怠感・脱力感強い。一日こたつで寝る。「えらい、えらい」

12月19日 TM病院を定期受診。
 すい臓・肝臓のがんは大きくなっている。腫瘍マーカーは急激に高くなっている。
 抗がん剤は効いてないということ。
 吐き気は抗がん剤と痛み止めの副作用。船酔い、眠りは痛み止め(モルヒネ)によるもの。
 これ以上抗がん剤を投与しても良くなることはない、投与は止め、緩和治療のみとする。
 「春まで持たないかもわからない」と言われる。

12月22日 吐き気、嘔吐はないが、痛みがなくなることはない。すっきりする時が無い。

12月24日 朝4時に起き、二人の子供に手紙を書く。
 この頃毎朝3・4時頃起き、手紙・年賀状を書き、告別式の準備などをする。
 思案したが、思いきって屋島教会のミサへ。聖歌隊の歌に心洗われる、行って良かった。

12月25日 年末に帰省する孫たちに、これまで通りのばぁばを見せたくて美容院へ。
 白髪を染める。

12月26日 私への手紙を書く、「午前5時かく、MSK(妻名)、TJさま(私名)」(便せん4枚)。
       手紙は ⇒14:妻から夫にあてた手紙
 TM病院を受診(TM病院はこの日が最後となった)。
 地域医療連携室で今後のことを相談。訪問診療について情報を得る。

12月29日 
娘・息子一家4人が帰省
 妻は空港で孫を迎えたい一心で久しぶりに車を運転(これが最後の運転となった)。
 空港出口でインタビューされた(これは2014.01.07のNHK「ゆう6かがわ」で放送された)。

12月30日 それでも力を振り絞って頑張る
 庵治漁港の朝市と牟礼のふれあい市場へ。魚、野菜、餡もちなどをたくさん買う。
 親子で遺影、告別式、祭壇、献花、衣装などについて話し合う。
       「えらい、痛い、これでは1月いっぱいは持たない」。

12月31日 娘婿も帰り、家族8人が揃った大晦日。
 妻は痛みをこらえ、子や孫に食べさせたい一心で夕食やおせちを作る。
 痛みは日増しに強くなり、オプソ内服液を追加して飲まざるを得なくなった。
 明日、御山公園へ初日の出を見に行く、と宣言して早く床に就いた。

 12月1日〜31日の日々のことは ⇒
8:体調はさらに悪化、抗がん剤の投与を止める


2014年(平成26年)
1月01日 家族8人揃ってお正月を迎える。
 妻は痛みや吐き気をこらえ御山公園で初日の出を見て、屋島で瓦け投げを楽しむ。

1月02日 長女以外は東京へ帰る。妻は痛みと苦しさが強く、空港へ行けない。ひとり留守番。

1月04日 KJクリニックを妻・私・長女が初訪問。
 先生とザックバランに話し合い、訪問診療を依頼。

1月06日 KJ先生の初訪問診療。以後、週3回訪問。緩和ケアのみとする。
 介護認定調査を受ける。介護ベッドが届き、庭が見える居間に置く。

 これからは痛みが次第に強くなるなど、病状は悪くなる一方。
 それでも、毎日のように散歩に出かけ、料理を作り、見舞客と楽しそうに話しお別れをする。

1月10日 長女から妻宛てに、感謝とお別れの手紙が届く。

1月20日 痛み強い、少し歩いても、じっとしていてもハーハー。腹も異常に張っている。
 KJ先生はこの頃からほぼ毎日来てくださる。

1月21日 仲良しグループの食事会。全部食べられた、
 楽しかった。(これが最後の食事会となった)

1月22日 毎日散歩に出るが、立ち止まり、私にもたれ、他家の玄関先に座って休む。
 心臓パクパク、息はハーハー。「2月中か」と言う。

1月25日 腹が異常に張って苦しい。「こんなに苦しい、死んだほうがまし」。
 初めて腹水を抜く。

 この頃、痛みは強く体調は次第に悪くなるが、食欲あり、おいしく、たくさん食べられる。
 1月22日から26日まで長女がいて料理などをしてくれ大助かり。
 1月31日から2月7日までも長女がいてくれた。
 この間、たくさんの方が見舞いに来てくださる。妻は楽しそうに応対。

1月30日 痛みで一晩中眠れない。日中はうとうと、えらい、起き上がれない。

1月31日 東京からうれしいことが3つ。
 出版なった妻の遺歌集『花みづき』が10冊届く。長女が帰省、従姉妹2人が来宅、

 1月1日〜31日の日々のことは ⇒9:家族全員が揃ったお正月、訪問診療に変更


2月01日 えらい。トイレに行くのも風呂に入るのもひと仕事、心臓パクパク。
 日中はベッドを置いた1階居間で過ごし、夜は2階の和室に上がって寝る。
 2階に上がるとハーハーで布団に倒れ込む。
 「毎日が病気との闘いや」「死んだら楽になったと思ってね」

2月06日 KJ先生と死期について話し合う。
 先生は「今月いっぱいが限界だと思う」とのこと。

2月09日 高松は積雪3cm、東京は27cm.。
 長女は東京へ帰り、入れ替わって長男一家4人が帰省。
 腹水を抜く、4回目。
 先生「楽になりたいですか」 ⇒「もういかん、寝ていてもえらい、早く楽になりたい」。
 歯を磨くのが、風呂に入るのがえらい。短時間で済ます。お尻を押して2階へ上げる。

2月10日 今夜から1階居間のベッドで寝るものと思っていたが、2階で寝ると言う。
 ベッドに寝た状態で歯を磨き、化粧を落とし、力を振り絞って風呂に入り、髪を洗った。
 体をふくのを手伝う。ドライヤーで髪を乾かす。
 手を引いて2階へ。
 クリームを手・脚に塗り、フェントステープを貼り、痛み止めの座薬を入れる。

2月11日 長男一家は東京へ帰る。
 朝から食欲なく、ベッドから起き上がれない。一日、目をつむり、ほとんどしゃべらない。
 声が小さくかすれた感じ。病状が進んだことを実感する。
2月13日 えらい一日
 食欲ないが千疋屋のメロンは旨いと食べる。
 「もう限界。風呂に入れるのも今日までか。死にそうなのに死ねない」
 こう言いながらひとりで風呂に入る。
 (最後の風呂となる。これまで風呂に入らない日はなかった)

2月14日 えらいえらい一日。積雪2cm、東京も大雪。
 昨日までとは違う、強い痛さ、強いえらさ。
 「痛い、えらい、死にそう、どなんしたらえんか、早く死ねる薬はな
 いのか」。
 「父ちゃん、母ちゃん、助けて」
 雪が降り続く。窓の外は真っ白。東京も大雪。
 「これではみんなが帰れないなぁ。今日は死ねないなぁ」

 長男嫁から妻あての、感謝とお別れの手紙を読み聞かせる。

 食欲ない。朝はカステラ一切れ、昼はイチゴ1個、夜は食べず。
 嘔吐あり。
 大雪の中、特別懇意にしていただいているOTさん、MNさんがバラ
 寿し、超大粒イチゴなどを届けてくださる。
 倉敷のTTさんからもイチゴが届く。

 夕方から一段とえらさ、痛さが強くなり、七転八倒。身の置き所がない。
 「これが死の壁か」。
 これが朝まで続くことは耐えられない。
 夜、KJ先生に来てもらう。
 モルヒネの点滴。
 間もなくぐっすり眠った。
 KJ先生「もう一週間はもたない。2・3日かも」。

 ファミリーに「いよいよその時です」をメール。

2月15日 5時、死亡。

 2月1日〜15日の日々のことは ⇒10:いよいよその時です


 以後のことなどは
  ⇒11:告別式前の2日間

  ⇒12:妻が企画した無宗教の告別式(告別式次第、弔辞、別れの挨拶)

  ⇒14:妻から夫にあてた手紙

  ⇒15:多方面に活動の人生歌集『花みづき』紹介

  ⇒16:その後のことをつれづれに

  ⇒17:妻のかな書道遺作展

足し算の人生と引き算の人生 2014.07.04                   ▲TOP
2014年6月14日のNHK朝ドラ『花子とアン』から思ったことです。

甲府に初雪が降った日、おじぃやんは眠るように息を引き取りました。
はなのセリフです。
「おら、これまで、人生は足し算だと思ってた。明日は必ず、今日よりもいいことがあるって、信じてた。
ふんだけんど、大好きなおじぃやんが死んでしまって・・・。人生は引き算なのかもしれない。
ほう思ったら、何だか、じっとしていられんくなったさ。勇気を振り絞って、自分の足で、一歩を踏み出さんきゃって」

妻の死に通じるところを感じます。
妻が亡くなる前日は高松には珍しい大雪でした。その夜、妻は寝息を立ててぐっすり眠りました。
すい臓がんと分かってからの妻の人生は、急速に0に近づく大きな大きな引き算の毎日でした。
そんな中にあっても妻は、上に記したようにたくさんの大きな足し算をしたのでした。

ひとりになったとき私も、大きな引き算を感じました。これからの人生は引き算ばかりのように思いました。
でも、5か月たった今、引き算のなかにも小さくてもいい、何かしらの足し算を探し、見つけ、作っていこうと思うようになりました。

私にあてた妻の手紙には、次の一文があります。
「少しでもたのしい ちいさい喜びを 日々みつけて生きて下さいね」
更新履歴 最新更新は
このページはGoogleで「すい臓がん」を検索したとき7番目に表示(2017.02.07)
▼NEXT ▲TOP ▲TANのホームページ 掲示板 訪問者数 2017/04/30: 68,642