▲HOME セイコー スーパーランナーズ
SEIKO SUPER RUNNERS
電池交換
更新
TANのつれづれ日記 TANのつれづれ日記
セイコーのデジタル腕時計「プロスペックス スーパーランナーズ S650」の電池交換。

「セイコー プロスペックス スーパーランナーズ S650」を二つ持っている。
二つとも調子が悪く、三つ目の購入を検討していた。

一つは8年前、2005年2月に購入したもの。
2008年8月に電池がなくなった。電池を交換しようと裏蓋を開けてみた。小さな部品やバネが外れ、それがどこにどのようにくっついていたのか分からない。電池の外し方も分からない。そのまま裏蓋を閉じ、引き出しにお蔵入り。裏蓋を開けたとき、バネのひとつが飛び出し行方不明になったように記憶している。

もう一つは5年前、2008年8月に購入したもの。
最近、押しボタンのいくつかが作動せず、時刻合わせやモードの切り替えが困難になった。
一つ目のこともあったので修理は諦め、次のレースが近付けば新しい時計を購入することにしていた。

ネットで価格などを調べていたとき、電池交換のページを見つけた。。
写真もあり、これなら私にもできるかも、修理に出したり新品を購入するのに比べれば電池は格段に安い。ダメ元で最初に購入した時計の電池交換に挑戦した。

その結果、電池の交換はできた。時報・確認音の機能を除き使える状態になった。
電池交換の手順をここに残しておく。

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
用意したもの
・交換するリチウム電池、CR1620。ホームセンターで298円だった。

・小さいプラスドライバーとマイナスドライバー。

・ピンセット。

注意すること(私の経験から)
・裏蓋を開けるとき、時計は裏側を上にして裏蓋を手で押さえながらプラスドライバーでねじを緩める。裏蓋は上方向にそっと持ち上げる。裏蓋が本体にくっついて離れない場合は小さいマイナスドライバーの先を間に差し込んで静かに離す。

・裏蓋を開けるとき、小さいバネやボタン部の金具などが外れやすいのでソ~ッと開ける。

・電池の取り外し、取り付けなどの作業中も時計は裏面を上向き水平に保持する。

・電池の交換後、液晶表示を確認するときも、裏蓋を外したままの状態では決して開いた面を下に向けない。部品が外れ落ちることがある。

作業手順
・裏蓋を外す
時計の裏側を上向き水平に保持して、ステンレス蓋を固定している4本のねじを外し、裏蓋をそっと開ける。

・電池を外す
電池は「SEIKO CHINA S650A(+)UP 電池交換後、ACと電池の(+)をショートさせてください」と表示のある白いシールにくっついた状態で収納されている。このシールの両側の金具をマイナスドライバーでそっと外側に押してシールごと外す。電池とシールの間にマイナスドライバーを差し入れてシールをはがす。

・新しい電池を入れる
電池が収まっていた場所に電池のプラス(+)面を上向きに置き、電池の上にシールをのせて、シール両側の金具を元の位置に差し込む。このとき、カチッと音がする。

・ACと電池の(+)をショートさせる
「AC」は、電池を固定する金具を差し込んだ一方の穴内に表示されている。電池の(+)は白いシールの外周にわずかに見える金属部分。ACにピンセット先の一方を差し入れ、ピンセット先のもう一方を電池の(+)に押し当てる。これで時計が起動する。

・電通の確認
 裏蓋を元通りに乗せ、指でしっかり押さえて持ち、液晶画面が表示されていることを確認する。

・裏蓋の固定
4本のねじで裏蓋を元通り固定する。

・時計の取り扱い説明書によって時刻などを合わせる。

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
作業中に部品が外れた
戻し方が分からなくなるかも。極力外れないよう注意しよう。戻す位置など、下の写真が参考になれば幸い。部品は小さいのでピンセットで扱うことになる。

・LAP/RESETボタンで押される部分に、白い長方形のプラスチック片があり、その下にこのプラスチック片より少し大きい四角形のプリント基板がある。プラスチック片は裏ぶたにくっついて外れているかも。プリント基板は置かれているだけなのですぐ外れる。外れた場合はクッションのある金具面を裏(向こう側)にして置くき、この上にプラスチック片を乗せる。

・小さいバネが外れた
バネは2本ある。これが入るところは、まん○の穴ではなく、まん○の穴より小さい変形○の穴。私は以前、裏蓋を開けたときこのバネの一つを無くしていたようだがそのまま裏蓋を閉じた。時報・確認音が鳴らないのはこのせいかも。

・押しボタン部内側の金具が外れた
他のボタン部の金具の取り付け状態を参考にする。ボタンを押した状態で(?)金具の切り込み側から差し込む。

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
私はこのようにして交換したが、これが適切かどうかは分からない。
また、防水機能を意識しないで作業したので、防水性能が保たれているかどうかも分からない。
この記事を参考にして電池交換をする場合は自己責任でやってください。(2013.01.04.記)


写真は拡大して見てください

電池交換前

4個のねじを外し裏蓋を開ける

裏蓋を外したところ

電池を外したところ

電池を乗せたところ

電池交換後 4年ぶりに復活

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
もう一つのスーパーランナーズ(2013.01.06.追記)
購入二つ目の「プロスペックス スーパーランナーズ S650」の裏蓋も開けてみた。
こちらは時計周囲にある5個の押しボタンのうちの2個が不調。押し下げた状態で固まっていて動かない。内側から小さいドライバーで押してもダメ。私にはどうしようもない。作業中の振動でいくつかの部品が外れ出た。これの修理は諦めた。

そこで、この時計から小さいバネを1個取り出し、今回電池を交換した一つ目の時計に入れた。
これで、時報・確認音の機能も回復。一つ目の時計は完全復活となった。


 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
電池を交換した時計の6か月後(2013.07.01.追記)
問題なく使えている。すべての機能は正常に作動、時刻も正確。

電池を交換した時計の3年8か月後(2016.09.20追記)
問題なく使えている。すべての機能は正常に作動、時刻も正確。

ただし、時計を腕に装着後、ベルト端を差し込む輪っかが切れて無くなった。
これは、小さいヘアーバンドで代用している。ベルトにちょうど入る大きさのもの。百円ショップで200個入り100円。
▲HOME 2013.01.04から