▲HOME ウルトラマラソンを楽しむTANの
サロマ湖100Kmウルトラマラソン
出場案内
更新
走り続けるTAN 走り続けるTAN
サロマ湖100Kmウルトラマラソン  2001年、2003年に出場
交通・宿泊など−−TANの場合
2001年
私は札幌発着2泊3日のパックを利用しました。札幌への出張とリンクしたので熊本〜札幌は自分で手配しました。
パックの案内は参加申込後に届きます。飛行機、飛行場から会場・宿などへのバスもセットされています。
宿は、サロマ湖畔か北見市内です。私はサロマ湖畔をとりました。サロマ湖に沈むすばらしい夕日が見えました。
一人で参加する場合宿は相部屋となります。ここでは同年輩の方6人の相部屋でした。

2003年−−詳細はマラソン歓走記にあり
 浜佐呂間町の民宿に予約がとれたので参加しました。
 この民宿はマラソン関係のネット仲間が毎年利用しているようで、家族的雰囲気が感じられました。
 男子の優勝者、女子2位入賞者、サロマニアンブルー、サブ10の方々などが泊まっていました。
 民宿のスタッフが女満別別空港、スタート会場・ゴール会場、温泉への送迎をしてくれました。
 高松〜関西空港はリムジンバス。関西空港〜女満別空港はスーパー早割りなど。


遣った金
エントリー料 14,000円
バス 志渡〜関西空港 往復 8,300円
飛行機 関西→女満別(スーパー早割) 15,000円
     女満別→関西(早割り21) 29,000円
民宿  3泊6食 18,400円
温泉4回 2,100円
マラソングッズ Tシャツなど 6,300円
小遣い、みやげなど  4,300円
  合  計 98,300円

事項 コメント
開催日 6月後半の日曜日
2001年は6月24日(日)
2003年は6月29日(日)
2004年は6月27日(日)
種目 100Km  日本陸連公認コース
 50Km
コース コース沿いの風景は丘陵地・牧草地・牧場・農家集落、オホーツク海・サロマ湖、原生花園など。日陰となるところほどんどない。
平坦コース、アップダウンは最高で40m。80〜97Kmはワッカ原生花園。オホーツク海とサロマ湖を分ける砂州、エゾスカシユリやハマナスが咲きます。ここは疲れがピーク、関門が気になり花を楽しむ余裕などない 長い長い地獄の花園である。ところどころでカッコーやエゾハルゼミの鳴き声が聞こえます。
受付 受付会場付近に食堂はない、昼食は空港などで済ませる必要ある。
前夜祭 開会式のセレモニーのあと乾杯.。郷土料理・ビールなどたくさんある。
早くなくなるので早めに会場に入ること。
スタート 5時スタート、バスはスタート会場に4時前に着きます。トイレは行列、30分くらい待つ余裕が必要。
日の出はちょうど4時、3時にはもう明るくなっている。
後方からスタートするとスタート地点通過までに1分以上かかることもある。関門に危ない場合は前方スタートが有利。
気象 2001年は終日快晴、最高気温は29.8度、厳しい暑さのためか完走率は47%であった。
2003年は終日霧雨小雨、最高気温は12.3度。完走率は76%、完走メダルが足りなかったようです。
給水・給食 2.5Km毎に水。5Km毎に水、スポーツドリンク、バナナ、レモン、梅干等。中間地点にはパンやおにぎりもある。
タイム配信 メールで携帯電話などに10Km毎の通過タイムをリアル配信してくれます。無料。事前の申込が必要です。
ゴール 日の入りは19時、ゴール時はまだ日が高い。ゴール会場にシャワーはあるが風呂はない。
自分のゴール写真を探しましょう、1,000円。
パーテ セレモニーはなく始まるようです。早く行きましょう。郷土料理、ビールなどたくさんあります。しかし、食欲がなく食べられません。
URL http://www.runnet.co.jp/info/a/2006/saroma/
▲TOP ▲HOME