▲HOME ウルトラマラソンを楽しむTAN
テレビ・ラジオ・新聞 報道
更新
走り続けるTAN 走り続けるTAN
2017年 5月15日(日) 四国新聞 「屋島リレーマラソン」
2009年 1月 9日(金) 読売新聞 「目標は地球2周走破」
2008年 1月21日(月) KSB瀬戸内海放送テレビ 「根性のウルトラマラソンランナー」
     
[ビデオ再生](削除)
2006年10月 7日(土) 四国新聞 「距離への挑戦
2006年 8月 8日(火) 四国新聞 「ハーモニカで懐かしい曲」
2005年12月 9日(金) RNC西日本放送ラジオ 「ウルトラマラソン」
     
[録音再生](削除)
2005年11月 29日(火) 四国新聞 「マラソンの距離更新中」
2004年11月 8日(月) 日刊スポーツ新聞 「62歳の鉄人ランナー」
2004年11月 8日(月) KSB瀬戸内海放送テレビ 「62歳の100Kmランナー」
     
[ビデオ再生](削除)
四国新聞 2017年 5月15日(月)21面
  新屋島競技場オープニングイベント「屋島リレーマラソン」        
▲TOP
2017年5月14日(日)新屋島競技場のオープニングイベントとして開催された「屋島リレーマラソン」に出場した。

ゴール後インタビューされ、翌日の四国新聞に取り上げられた。

競技場内に設定された一周2.2Kmのコースを1チーム3〜10人がリレーで周回し、42.195Kmを走るもの。

私達のチームは8人で19周、私は2周した。3時間17分11秒、47位だった。

この日の屋島はきれいだった。新緑の屋島が客席のすぐ後ろに迫り、視界いっぱいに輝いていた。屋島の美しさに感動したのは久しぶりのことだった。

読売新聞 2009年1月9日(金)読売香川スポーツ1面 「目標は地球2周走破」 ▲TOP
クリックで拡大クリック2回で拡大表示 毎週金曜日、読売新聞に折り込まれる「読売香川スポーツ」の1面に掲載された。
1月9日号は2009年の初号、新春特別号でもある。
その1面に相応しいページにしたいということで取材依頼があった。
12月18日の午後、大阪から女性記者が来られた。
走り始めた動機、初めて出場したマラソン、ウルトラマラソン、これまでに走った距離、最近の走り・・・・など、1時間余りの取材。
写真撮影の場所は私宅のすぐ近く、毎日走るコース上で屋島が背景になる山沿いの道。
取材の様子 クリックすると拡大
KSB瀬戸内海放送 2008年 1月21日(月) 「根性のウルトラマラソンランナー」 ▲TOP
放送されたのは
1月21日(月)、KSB瀬戸内海放送。夕方の番組「スーパーJチャンネル」の中の「元気なシニア」のコーナー。タイトルは「根性のウルトラマラソンランナー」。

取材依頼
取材依頼の電話があったのは1月16日の午後。私のHPの「プロフィール」のページを見ながらのようであった。
65歳で100Kmを走ることや水かぶりを長年続けていることが「元気なシニア」コーナーに取り上げるのに相応しいということのようだ。
このページの下の方に掲載しているように、私の”走り”や”水かぶり”は、2004年11月に同じKSB瀬戸内海放送から放送された。このときの放送も今回の取材につながったのかも分からない。

取材は
1月18日の8時過ぎから13時30分までの約5時間。見えたのはディレクター、カメラマン、マイクマンの3人。放送局の取材ではなく、TV番組やTVCMなどの制作を専門とする関連会社であった。この会社が取材し、決められた時間の番組に作り上げてTV局へ持ち込むようだ。

撮影場所などを打ち合わせ、”走り”を撮るため外に出た。
玄関先で準備運動を撮り、団地内、石あかりロード、城岬公園周辺、庵治の江の浜、海岸コースなどで走った。カメラマンは10Kgもあるカメラを構えて走った。マイクマンはマイクを持ち、機械をぶら下げ、カメラマンの安全を確保しながら走った。すぐ息づかいが荒くなる。
車の中からカメラを構えたり、車の屋根上にカメラを持ち上げて撮ったり、インタビューもあった。

家に帰っては、風呂場での水浴び、マラソンの写真、メダルを撮った。さらにハーモニカの演奏も。
ハーモニカの演奏は「道の駅源平の里むれ」で撮る予定であったが、ここへは行けなかった。

 ビデオ再生
 [根性のウルトラマラソンランナー](約7分、削除)

取材風景(
写真をクリックすると拡大)
クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大
四国新聞 2006年10月 7日(土)14面 「距離への挑戦」    ▲TOP
クリックで拡大クリック2回で拡大表示
四国新聞、土曜日の「闘うシニアのページ」に連載の「人生二毛作 しぼんでたまるか! 挑戦記」に「距離への挑戦」と題して左のように紹介された。
「闘うシニアのページ」の「編集後記」には次の記事も
ウルトラマラソンの山下谷治さん。マラソンのほか絵画、パソコン、ハーモニカ、里山歩きと多趣味の人です。
ハーモニカは小学校時代から吹いているそうで「むれ源平あかりロード」では初めてストリートミュージシャンも経験したそうです。「一つのことをやり遂げた思い。瓦町やJR高松駅でもやってみたい」。若さの秘けつは挑戦と好奇心でしょうか。(編集長・F)
10月21日の「闘うシニアのページ」の「編集後記」には
100Kmウルトラマラソンに挑み続ける山下谷治さん。15日に行われた「第12回四万十川ウルトラマラソン」に出場しましたが、残念ながら62キロでリタイアしました。
「スタートは悪くなかったが、40キロ過ぎあたりから足が痛くなり、胸も苦しくなって走れなくなった。情けないし、ふがいない」と山下さん。「体調を整えて次を目指します。しぼんでたまるかです」。(編集長・F)
四国新聞 2006年 8月 8日(火)14面 「ハーモニカで懐かしい曲」  ▲TOP
クリックで拡大
「喫茶あんだらばなし」でときどきハーモニカを演奏している。そのことが新聞に掲載された。

四国新聞、火曜日の「オリーブ通信」のページ。
この「オリーブ通信」には香川県内の各地域で活躍する女性通信員が取材した記事が載る。
織田雅子さんは牟礼地区の女性通信員。7月20日「喫茶あんだら話」へ取材に来られた。このときのハーモニカ演奏が記事になった。
クリック2回で拡大表示
RNC西日本放送ラジオ 2005年12月 9日(金)13時15分から生放送  ▲TOP
RNCのラジオカーが我が家に来た。
13時15分から約15分間、中継生放送。
「情報てんこもり」という番組の中で、ウルトラマラソンについて聞かれ、話した。

 ⇒ [ラジオ放送再生](約15分、削除)

取材風景
四国新聞 2005年11月29日(火)15面 「マラソンの距離更新中」   ▲TOP
クリックで拡大
私のマラソンのことが新聞に掲載された。

四国新聞、火曜日の「オリーブ通信」のページ。
この「オリーブ通信」には香川県内の各地域で活躍する女性通信員が取材した記事が載る。
私のことを取材した織田雅子さんは牟礼地区の女性通信員。私の妻が懇意にしていることもあって私のことを知り、興味を持たれたよう。
11月4日我が家へ取材に来られた。取材はマラソンのことが中心だったが、模擬患者のことやハーモニカのことも話した。
クリック2回で拡大表示
日刊スポーツ新聞 2004年11月 8日(月)19面 「62歳の鉄人ランナー」 ▲TOP
クリックで拡大
私のウルトラマラソンが新聞に掲載された。

11月4日に日刊スポーツと瀬戸内海放送の共同取材があり、11月8日に両メディアで報道された。
取材状況などは下の「KSB瀬戸内海放送」の項にまとめた。
クリック2回で拡大表示
KSB瀬戸内海放送 2004年11月 8日(月) 「62歳の100Kmランナー」  ▲TOP
取材となった経緯
「ウルトラマラソンを楽しむTANのホームページ」がアナウンサーの目に留まったようで取材依頼があった。

取材状況
取材は11月4日(木)9時から17時30分まで。
9時にアナウンサーとカメラマン、新聞記者が来訪。取材コースなどを打ち合わせてスタート。私は走り、アナウンサー、カメラ、記者は車でおっかけ取材。
11月5日(金)は、アナウンサーが来宅し朝6時から妻といっしょのウォーキングとラジオ体操の取材。

走ったコース
家〜石匠公園下〜イサム・ノグチ庭園美術館〜屋島東町〜長崎の鼻〜屋島北嶺〜山上駐車場〜みやげもの屋前〜屋島寺〜登山道を南へ下る〜帰宅。

撮影・インタビュー場所
屋島北嶺への登山道、屋島北嶺展望台、屋島寺、庵治町の映画「地球の中心で愛を叫ぶ」ロケ地。
玄関前、水浴び、完走メダル、スケッチ、ハーモニカ、妻の短歌

放送 11月8日(月)18時41分から約8分
夕方の「KSBスーパーJチャンネル」の「スポーツパラダイス」の中で放送。
取材は9時間、放送は8分間。
タイトルは「62歳の100Kmランナー」。

 ビデオ再生
 [62歳の100Kmランナー](約7分30秒、削除)

取材風景
▲ウルトラマラソン ▲ハーモニカ ▲模擬患者 ▲妻はすい臓がん