模擬患者SP一年生
私はSP一年生 模擬患者(SP: Simulated Patient)は
医療面接授業で学生の相手になって症状を話したり質問に答えて
模擬の患者を演じます
私はSP一年生
貴重な機会だった、人生の宝になる、これに日本の医療者が支えられている
本日の医療面接実習授業に出席した学生6人の感想です。  2015.10.27

・決められたことを聞き出すOSCEと違い、鑑別も考えるなど、発展的な面接だった。
・貴重な機会だった。人生の宝になった。これに日本の医療者が支えられている。
・医療現場では患者の声が自分に届くことはない。今日の面接はありがたい機会だった。
・近くでSPの声を聞くことができた。自分たちをどのように思っているかを知ることができた。
 これまで、患者に鑑別を話す機会はなかった。
・パソコンに入力しながら面接をした。パソコンを使いながら面接をする先生は凄いと思った。
・SPは職人だ。どのような質問にもほんとうの患者のように答えてくれた。
 医師は病気を治すことの外に患者を安心させることも重要と思った。そういう医師になりたい。

授業の最後に毎回、学生が感想を述べてくれます。
SP席から拍手が起こったのは初めてのことでした。
誠実な医師に診てもらいたい  2015年4月17日の朝日新聞1面「天声人語」から
▼付き添いで病院の精神科に何度か行ったことがある。
驚いたことに担当の男性医師は患者の顔をほとんど見なかった。パソコンの画面とにらめっこだ。これで患者の状態がわかるのかと不安になった。
▼通院先を小さな医院に変えることにした。
診察ぶりは一転、女性医師は時間をかけて丁寧に患者の反応を見ていた。薬の処方も慎重になった。状態は明らかに改善した。医師によってこれほど対応が違うのかと感じ入った次第だ。
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
▼・・・・名医でなくていいから、せめて誠実な医師に診てもらいたい。

 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
上の記事が、5月23日の朝日新聞10面「パブリックエディターから」に取り上げられた。
「天声人語について、4月以降の「読者の声」を読んでみました」で始まる。
関係部分のみ転載する。

4月17日、「パソコンの画面とにらめっこ」しているだけで、「患者の顔をほとんど見なかった」精神科医への不安を語った文章に、多くの共感が寄せられました。日常のミクロの出来事に着目した血の通ったまなざしへの共感です。
わが国におけるSPのグループ数と人数の推移 
時 期  グループ数 人 数
1998年 末 15 108
2000年 末 21 200 〜 250
2001年7月 34
2002年4月 40 約450
2003年6月 50 約550
2004年3月 60
2006年2月 80
2008年2月 約120
2010年3月 135 1,200 〜1,400
2012年8月 150 〜160 1,500
資 料
2012年8月20日(月)に
九州大学百年講堂大ホールで開催された
「九州大学登録型模擬患者15周年記念シン
ポジウム」での
岐阜大学 藤崎先生の基調講演
「わが国の模擬患者 現在・過去・未来」の資料から抜粋(2012.09.13)
模擬患者SP教室
所属するSP研究会の概要
新人がSPとして登場するまで
医療面接授業の概要
医療面接の進行−学生の進め方とSPの対応−
フィードバック
フィードバックの言葉集

SPとは 模擬感謝、標準模擬患者、シナリオ、ロールプレイ、OSCE など
SPの歴史
国内の現状
 
SPへのアンケート調査結果
模擬患者SP日誌 模擬患者を知ったときからの記録
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年
模擬患者SPリンク集
プロフィール
SP暦 SPが何かも分からなかった一市民です
2002年8月にSPを知り、2003年1月からSPをしています
医療面接授業やOSCEにSPとして参加しています
所属 大学医学部のSP研究会
ホームページ
更新履歴   最新更新は 
このページはGoogleで「模擬患者」を検索したとき1番目に表示(2006.09.01)、3番目に表示(2017.02.07)
▲ウルトラマラソンを楽しむ ▲ハーモニカ演奏を楽しむ ▲妻はすい臓がん