▲写真集 ▲HOME オーストラリア
ケアンズでの結婚式

2005年11月20日(日)〜11月24日(木)
更新
いらっしゃ〜い! いらっしゃ〜い!

総括<旅行概要、見たもの、聞いたこと、感じたこと、思ったこと>
ケアンズでの結婚式
旅行日程、観光の概要
パノラマ写真
 アンサナグレートバリアリーフチャペル
 アンサナリゾート&スパグレートバリアリーフホテル前のビーチ
 アンサナリゾート&スパグレートバリアリーフホテルの室内


総括<旅行概要、見たもの、聞いたこと、感じたこと、思ったこと>             ▲TOP
旅行目的
 ケアンズで行った息子の結婚式に参加
ツアー概要
 200511月20日(日)から24日(木)まで
 私たち夫婦は関西空港発着、娘は成田空港発着、ケアンズ空港で3人が合流し同行
 機中1泊、ホテル3泊、全5日間の旅行
 旅行会社の基本プラン(飛行機とホ
 結婚式をする当人二人は全く別行動
旅行費用  全約 42万円(東京発着の旅行代金は別)
 基本旅行代金 95,900円、ダイレクトチェックイン代14,000円、関空使用料 2,650円、
 海外空港税18050円、関空往復リムジンバス 8,300円(以上は1人分)
 海外旅行保険料 12,470円(2人分)                     以上の2人分は 290,270円

 観光:キュランダ半日コース@A$100 グリーン島半日コース@A$59
 食事:カニーズ@A$75 ウォータフロント@A$55               以上の3人分はA$867
 小遣い:食事、飲み物、みやげなど                         2人で約50,000円
往復の飛行機
 関空空港=ケアンズ空港往復はオーストラリア航空、片道約7時間
携行したもの
 ドイツ・デンマーク研修旅行記の携行したもの(今回一部を修正した)とほぼ同じ
 ただし、今回は夏物と結婚式用の服装などを用意した。
気候、服装
 ケアンズの11月は真夏。最高気温は30℃を超すことも。
 日差しがきつい。帽子とサングラスは必需。しかし、汗をかくことは無かった。
時差
 日本時間+1時間
出入国手続き
 オーストラリアへの旅行にはETAS(入国許可登録)が必要。前もって登録しておくこと。
  インターネット、FAXなどで申請が可能。公式サイトではA$20。もう少し安いところもある。
 入国カード・出国カードも必要。旅行代理店が作成してくれた。空港や機内でも記入できる。
 オーストラリアへの入国の際、申し出が必要なもの、持ち込みが許可されないものが多い。
  食料品には注意が必要。
  入国カードに革製品と土のついた靴の欄にチェックをしたが、尋ねられることはなかった。

 入国・出国手続きのどちらでも質問されることはなかった。
両替
 日本国内での両替が有利。空港、ホテル、観光地などでできるが不利。
買い物
 みやげ物店、免税店、レストランなどには日本人従業員が多く、日本語OKのところが多い。
 ほとんどのところでクレジットカードが使える。日本円が使えるところも多い。
 二人の小遣いとして日本で3万円分をオーストラリアドルに替えて持参したが、余った。
 物価は高いように感じた。日本の観光地の特別価格を思わせるものである。
チップ
 チップは不要。ただ枕銭として毎日二人分2ドルを置いた。
食事
 朝食はスーパーで買ったパンや飲み物、果物などを食べることが多かった。
 ホテルの朝食バイキングは日本のホテルとほぼ同じ。和食もある。30ドルと高い
 夕食はオーストラリア第1日目朝の旅行代理店説明会で予約してた。
  このレストランの客は日本人ばかり。日本人観光客向けで少々高いように思った。
 街を歩けばいろいろある。日本語メニューもあるので入りやすい。

 水道水は飲めるようだが、ミネラルウォーターを飲んだ。
言葉
 片言の英語でOK。日本語だけで通せるかも?
 みやげ物店、免税店、ホテル、レストラン、どこへ行っても日本人従業員が目に付く。
トイレ
 困ることは無かった。街中ではお店に気楽に入れる、トイレも気楽に使える。
ホテル
 Lグレードであったからか広く、設備もよく快適であった。
治安
 不安は全く感じなかった。日本と同じ感覚。
日本人観光客
 観光地、ホテル、レストラン、お店、夜店、街中に日本人観光客が多い。
 ツアーで案内されるお店やレストランでは日本語OK.、円での買い物もOKだ。
街はきれい
 道路は広い。ゴミはまったく落ちてない。みどりと小鳥の鳴き声が印象的。

ケアンズの印象
 日本人の街。歩くひとも働く人も日本人。若者が多い。
 現地の老人や子供の姿は目に付かなかった。
 観光地というより海、山、川、空などで若者が遊ぶところ。
 日本人観光客に親切、歓待してくれる。
 物価は日本より少し高い。日本の観光地の割高価格のようだ。
 治安は良い、不安はない。日本にいるみたい。
 環境を保護し自然を大切にしている。食べ物、革製品、土などの持込は厳しく制限している。
 気温は30℃を超え日差しのきついこともあったが、汗は出なかった。

ケアンズでの結婚式                                         ▲TOP
式場はケアンズ郊外パームコーブのAngsana Great Barrier Reef Chapel。
このチャペルはケアンズ市内からタクシーで約30分($45)のところのアンサナリゾート&スパグレートバリアリーフホテルの敷地内にある。やしの木が茂る海辺。4〜5人がけの白い長いすが10脚ほどあるだけの小さい白い平屋の建物。
式が始まる前に正面ガラス戸が開放される。牧師さんが立ち結婚する二人が進み出る式台の背景は白砂、やしの木、青い海、青い空となる。式台の右手には電子オルガンと歌手。

新郎の両親と姉、新婦の母親が見守り、結婚行進曲が響き渡る中、新婦と父親が腕を組んで中央のバージンロードを入場。そして結婚する二人が牧師の前へ。
牧師が英語で進行。誓いの言葉は二人が向きあって牧師の言葉を復唱する。新婦は感極まって声にならなくなる。間近で二人に語りか掛けるように「アベマリア」などを歌ってくれる。
二人と親が牧師の前で署名。
式が終わると出口で出席者からのフラワーシャワー。
やしの木陰でシャンパンで乾杯、ケーキカット、写真撮影など。
五色の布で飾られた小さなテントの下でミニパーティ。

着付けや化粧、全般の世話をしてくれるのは日本人スタッフ数人。着替えなどは二人が泊まっているホテルの部屋。

このチャペルは日本人向けに作られたもののようにも思われる。
日本人好みの雰囲気作り、進め方、サービスのあり方と思った。
まぁ、好感の持てた満足の結婚式であった。

参考事項
チャペル Angsana Great Barrier Reef Chapel は(株)サウスパシフィックブライダル(渋谷区)の経営(?)で、アンサナリゾート&スパに2泊以上宿泊の方が挙式可能。
写真・ビデオ撮影、式後のミニパーティなどは別契約。
以上の予約契約はJTB。「ルックJTB海外ウエディング」のパンフレットに掲載されている。
二人の衣装は東京で借りて本人たちが持参。持ち帰ったのは先に帰った家族。

夕食はホテル付属のレストランで、7人。メニューから注文した。ここでは英語。

出席した者の服装は次のようなものであったが、各自が納得できるもので可。
父親は半袖白カッターにネクタイ、黒靴
母親はちょっと改まったスーツ
姉はワンピース

タクシーは前日または早くに予約しておくこと。呼んですぐには来ない。

ホテル、式場、ミニパーティ、写真撮影、衣装など、すべて当人達が選び契約したものです。
式場、その周囲の景色、二人が泊まったホテルの室内の様子はパノラマ写真をご覧下さい。

旅行日程、観光の概要                                      ▲TOP
1日目  11月20日(日)  晴れ   関西空港からケアンズへ
時刻 移動先 交通 観光先、結婚式  
14:00
14:32
17:30
20:30
自宅発
志度発
関西空港着
関西空港発
タクシー
リムジンバス

オーストラリア航空



機内で夕食と軽食、機内泊
2日目  11月21日(月)  晴れ   ケアンズ着、キュランダ観光(半日コース)
04:55
06:00


12:55

17:00
18:30
ケアンズ空港着
ケアンズ市内へ


ホテル発

ケアンズ着


バス


車で迎え


東京発の娘と合流
ホテルでツアーの案内(観光、食事など)
 21日と23日の観光と夕食を予約
ホテルにチェックイン(朝食、シャワー、休憩)
キュランダ観光(半日コース @$100)
 スカイレールでキュランダへ〜村を散策〜
 高原列車でケアンズ
カニーズで夕食(シーフード @$75)
ケアンズインターナショナルホテル泊
3日目  11月22日(火)  晴れ   結婚式
08:20
08:50
10:00

11:30

18:00
20:00
ホテル発
バームコープ着





ホテル発
タクシー($45)






タクシー
新婦の両親と5人いっしょの行動
アンサナリゾート&スパグレートバリアリーフホテル着
結婚式はアンサナグレートバリアリーフチャペルで
式参加者は新婦両親、新郎両親と姉
ホテルビーチで撮影
ホテルビーチでミニパーティ(7人)
ホテルのレストランで夕食(7人)
ケアンズ着
ケアンズインターナショナルホテル泊
4日目 11月23日(水)  晴れ    グリーン島観光(半日コース)
07:40
08:30
09.20

12:00
12:50
18:00
ホテル発
港発
グリーン島着

グリーン島発
ケアンズ着
車で迎え




グリーン島観光(半日コース、@59)

グラスボトムボートに乗船しサンゴ礁鑑賞
グリーン島内散策(1時間もあれば一周できる)

昼食、ケアンズ市内散策、みやげ購入など
ウォータフロントで夕食(ステーキ、@55)
ケアンズインターナショナルホテル泊
5日目  11月24日(木)  晴れ    ケアンズ発 帰国の途へ
09:50
10:20
12:35
19:15
20:15
23:23
23:40
ホテル発
ケアンズ空港着
ケアンズ空港発
関西空港着
関西空港発
志度着
自宅着
専用バス

オーストラリア航空

リムジンバス

タクシー


機内で夕食

▲TOP ▲写真集 ▲HOME