▲HOME ▲写真集 イタリア観光旅行記

2005年 5月11日(水)〜5月20日(金)
更新
いらっしゃ〜い! いらっしゃ〜い!

総括<旅行概要、見たもの、聞いたこと、感じたこと、思ったこと>

旅行日程、観光先の概要
写真集

総括<旅行概要、見たもの、聞いたこと、感じたこと、思ったこと>    ▲TOP
ツアー概要
 関西空港発着、全10日間、2005年5月11日(木)から20日(金)まで
 ホテル8泊、全食事付き、添乗員同行
 同行参加者は7組14人(退職者夫婦3組、新婚旅行1組、母娘2組、おばさん連れ1組)
旅行費用  2人で全約 730,000円
 ツアー代金 279,000円、関空使用料 2,650円、関空往復リムジンバス 8,300円(以上は1人分)
 海外旅行傷害保険 13,960円、イギリス・イタリア搭乗料・保安税など 25,000円(以上は2人分)
 小遣い(飲み物、チップ、みやげなど)は2人で約 110,000円
往復の飛行機
 関空=(JAL、約12時間)⇒ロンドン=(Alitalia、約3時間)⇒ミラノ
 ローマ=(Alitalia、約3時間)⇒ロンドン=(JAL、約11時間半)⇒関空
  帰路のJALは空席がたくさんあり、ほとんどの方が座席に横になれた。
携行したもの
 ドイツ・デンマーク研修旅行記の携行したもの(今回一部を修正した)とほぼ同じ
イタリア国内の移動手段
 ミラノからローマまで全行程同一の専用バス。連日200Km以上、多い日は375Km移動
気候、服装
 新緑が出揃い、ニセアカシアが満開のところや散り始めたところなでがあるなど、香川県と
 ほぼ同じ気候、気温。
 ポプラの1〜3cmの綿毛があちこちで無数に飛んでいた。
 私は全日半そでシャツで快適であったが、長袖の方も多かった。
 暑さ寒さの調節ができる服装、カーディガンなどを持つと良い。
 おしゃれの必要はない。スニーカーでよい。
 多くの教会はノースリーブ、ひざだしのミニスカートや短パンでは入場できない。
時差
 日本時間−7時間、夏時間実施中。
出入国手続き
 入国カード・出国カードは不要。
 パスポートを見せるだけ。質問も無かった。ニコッとすればOK!
 税関でも書類を見せるだけ、買った物は見なかった。
使用外貨
 EUR(ショッピング店、免税店など円で支払い可能なところもある、おつりはEURとなる)
両替
 日本国内での両替が得策。イタリアの空港、ホテル、観光地などでできるが不利。
買い物
 ほとんどのところでクレジットカードが使える。現金は多くは持たないこと。
 二人の小遣いとして日本で6万円分をEORに替えて持参した。
 EURが必要なのはチップや枕銭、食事のときの飲み物代、観光途中でミネラルウォータや
 絵葉書など小額の買い物のとき。
 日曜日は休み、昼時間も休む店が多い。
税金
 商品には10〜20%(食品・本・ベビー用品は7%)の付加価値税が含まれている。
 EU圏以外からの旅行者が一つの店舗で155EUR以上の買い物をした場合、付加価値税を
 払う必要はなく、所定の手続きをすると購入金額の12.9〜14.5%が払い戻される。
チップ
 枕銭は1人1EUR。トイレで小銭(0.5EUR)が必要なこともある。
食事
 どこも朝が一番の質と量、昼と夜は質素。昼と夜の飲み物はその都度注文し清算する。
 ホテルの朝食はバイキング
   日本のホテルの洋食バイキングとほぼ同じ。ただし、野菜や果物は極端に少ない。
 昼食はスープ(またはサラダ)+魚(または肉、ハンバーク)+デザート。
   主食は硬いパン
 夜も昼食とほぼ同じ
 飲み物
   水、ジュース、コーラ、ビールはほぼ同価格(300〜500円)、ワインはこれより少し高い。

 水道水は飲めるようだが、ミネラルウォーターを飲んだ。
 ミネラルウォーターにはガス入りとガス抜きがある。どちらも500ccが1EUR前後。
言葉
 買い物などは英語が少しできればどうにかなる。
 観光地ではたくさんの日本人が働いている。日本語が通じるところも多い。
 レストランでメニューを見てもさっぱり分からない。でもどうにか通じるものである。
 添乗員同行、全食事付きはこの点で楽。
 知っておきたいイタリア語
  ありがとう               Grazie(グラツィエ)
  おはよう、こんにちは        Buon Giorno(ブォン ジョルノ)
  やあ/どうも/じゃあね        Ciao(チャオ)
  ビールをお願いします        Birra per favore(ビッラ ペル ファヴォーレ)
   大                    grande(グランデ)
   中                    mezzo(メゾ)
   小                    piccola(ピッコラ)
  トイレはどこですか?        Dov'e il bagno?(ドヴェ イル バーニョ:”婆尿”と覚える)
トイレ
 少ない。これには気を遣った。トイレがあれば必ず済ますこと。
 観光施設にも少ない。どこも待つ人の列。
 高速道路沿いも少ない。日本のようにSA・PAが多くない。
 一般道路沿いは少ないのでレストランや土産店での休憩時に済ませること。
 有料トイレ(0.5EUR)も多い。
 添乗員から次のトイレの場所の案内があるので、そこで必ず済ますこと。
ホテル
 部屋へ入ると、まず水まわりの点検をすること。トイレは流れるか? 風呂のお湯は出るか?
 シャワーは使えるか? 排水は溢れないか?
 実際、シャワー切替え不良、湯量少ない、1回流すとしばらく使えないトイレのホテルがあった。
 ヘアードライヤーはすべてのホテルにあった。
 シャンプーもあるが髪に合わずバサバサになるかも分からない。持参すると安心。
 連泊のときは洗濯し浴室に干しておける。
 浴室には必ずビデがある。
 石鹸はある。歯ブラシ、寝巻き、スリッパはないので持って行こう。
 電圧は220V、差込みはCタイプ。毎晩デジカメの電池を充電した。
 モーニングコールは同行者同時刻にセットしてくれる。
治安
 良くない。ローマが一番悪い。細心の注意が必要。
 添乗員からも現地のガイドからもプロのスリ、置き引き、引ったくりが多いので次のようなことに
 気をつけるよう再々注意された。
  観光地、有名絵画の前など人の混み合うところではスリが多い。
  バスを降りた瞬間バイクで近づきカバンをひったくられることがある。
  パスポートはカバン内でなく身体に付けること。カバンは肩に掛け手を添えること。
  ジプシーには近づかないこと、避けること。
  気安く声をかけられても、子供であっても気を許さないこと。
  夜の一人歩き、小道に入るのは危険。
  車の運転も荒い。
日本人観光客
 観光地、ホテル、レストラン、ショッピング店、街中に日本人観光客が多い。
 ツアーで案内されるショッピング店やレストランでは日本語OK.、円での買い物もOKだ。
壁に落書き、道路にゴミ
 ほとんどの建物に落書きがある。塗り替えると新しいキャンバスを提供することになるので
 塗り替えない。道路にゴミが散乱している街が多い。
郊外はのどかな丘陵地
 移動中のバスから見える景色は牧草地、ブドウ畑、キウイ畑、林などの丘陵地。
バスの乗り入れを規制している観光地、市街地が多い
 郊外に駐車するところ、乗り入れするには許可証を購入しなければならないところなど。

イタリアの印象
 歴史の深さ、偉大さを実感。街には中世の面影が残っている。世界遺産が多数
 大聖堂は大理石。大理石の彫刻、モザイクやステンドグラス、壁画、天井画などの美術品が多数
 中世の石積みの建物が健在、そこに今も人々が生活している。道路は石畳
 絵画、彫刻、建築など芸術鑑賞の街
  古代ローマ時代からロマネスク、ゴシック、ルネッサンス、バロック
  レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ・サンティ
旅行日程、観光先の概要               ▲TOP
1日目  5月11日(水)  晴れ   関西空港からイタリアへ
時刻 訪問都市 交通、移動距離 観光地、観光先   
05:00
05:24
08:32
11:50
16:15
18:50
21:50
自宅発
志度発
関西空港着
関西空港発
ロンドン空港着
ロンドン空港発
ミラノ着
タクシー
リムジンバス

日本航空

アリタリア航空
専用バス



機内で昼食と夕食

ロンドン発が遅れ5時間待ち。空港と機内で軽食
ホテル着は午前2時、ミラノ泊
2日目  5月12日(木)  晴れ   ミラノ、ベローナ観光
08:30








午後



ミラノ








ベローナ



ベネチア
専用バス
 ローマまで
 同一専用バス





150Km



120Km
ミラノ観光
・ドゥオーモ(歴史、壮大、荘厳に圧倒される)
・ビットリオ・エマヌエーレ2世アーケード
スカラ座
・スフォツェスコ城
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に付属する修道院の食堂で「
最後の晩餐」(世界遺産)を見る(遠近法による部屋との一体感に感動)

ベローナ観光(落ち着いた雰囲気、世界遺産の街)
 ロミオとジュリエットの舞台の町
・ジュリエットの家

ベネチア泊
3日目  5月13日(金)  晴れ   ベネチア観光
08:30





午後
ベネチア





フィレンツェ
専用バス





260Km
ベネチア(世界遺産、水の都)観光
サンマルコ広場
・ドゥカーレ宮殿
・サンマルコ寺院
・ゴンドラに乗って運河を巡り水の都の風情を楽しむ
・ベネチアンガラス工房で実演を見る

フィレンツェ泊
4日目  5月14日(土)  晴れ    フィレンツェ観光
08:30




午後




フィレンツェ
ピサ



フィレンツェ
専用バス
80Km


80Km

ピサ観光
・ドゥオーモ広場
ピサの斜塔

フィレンツェ歴史地区(世界遺産)観光
・ウフィッツィ美術館「
ヴィーナスの誕生」「受胎告知」
・ドゥオーモ
・シンヨーリア広場

フィレンツェ泊
5日目  5月15日(日)  晴れ    シエナ、アッシジ観光
08:20







午後


フィレンツェ
シエナ






アッシジ


フィアノローノ
専用バス
65Km





130Km


180Km

シエナ歴史地区(世界遺産)観光
 急坂、階段、石畳の路地が多い、いぶし銀の街
 名物パンフォルテを買う
カンポ広場(世界一美しい扇状の広場)
・プブリコ宮殿
・ドゥオーモ

アッシジ観光(中世そのままの街並み)
サンフランチェスコ教会(世界遺産)

フィアノローノ泊
6日目  5月16日(月)  晴れ  ポンペイ、ナポリ観光

08:15
午後






午後





フィアノローノ
ポンペイ






ナポリ

専用バス
245Km





27Km
早朝30分ランニング

ポンペイ観光
ポンペイ遺跡(世界遺産)
 紀元前500年から繁栄した古代ローマの都市。
 紀元79年ヴェスヴィオ山の大噴火で埋まった。
 神殿、大劇場、公衆浴場、水道、下水など

カメオ工場見学
ナポリ歴史地区(世界遺産)観光
 洗濯物がはためく街、ゴミの街
・サンタ・ルチア港
・プレビシート広場

ナポリ泊
7日目  5月17日(火)  晴れ  カプリ島観光
08:20




ナポリ
カプリ島



ローマ
専用バス



230Km

カプリ島観光(レモンの島)
・カプリ島を船で一周、2時間
青の洞窟(神秘のブルーを満喫)
 入り口の高さは60cm、手漕ぎボートで入る
ローマ泊
8日目  5月18日(水)  雨、曇り   ローマ、ヴァチカン観光

08:00










午後






ローマ










ヴァチカン




ローマ

用バス
早朝30分ランニング
ローマ歴史地区(世界遺産)観光
コロッセオ
 紀元80年ごろ完成
 古代ローマの娯楽の殿堂
 円形闘技場、5万人収容
 レンガを積みコンクリート固め、表面に大理石
 エレベータ、地下道、下水も完備されていた
トレビの泉(ビルの谷間にある)
スペイン広場(映画「ローマの休日」の舞台)
 近くには高級ショッピング街

ヴァチカン観光
ヴァチカン博物館
・システィーナ礼拝堂「
最後の審判
サンピエトロ寺院(カトリックの総本山)

カンツォーネディナー
ローマ泊
9日目  5月19日(木)  晴れ   ローマ発、帰国の途へ

10:30
13;45
15:35
18:55

ホテル発
ローマ発
ロンドン着
ロンドン発

専用バス
アリタリア航空

日本航空
早朝40分ランニング
ローマ空港税関で免税手続きをして払戻しを受ける
機内で軽食

機内で昼食と夕食
10日目  5月20日(金)  晴れ   帰国
14:55
16:15
19:23
20:50
関西空港着
関西空港発
志度着
自宅着

リムジンバス
タクシー
機内で朝食
▲TOP ▲写真集 ▲HOME