▲SP教室 ▲HOME 模擬患者SP日誌
2008年
SP一年生は医療面接の実習授業に参加しています
更新
私はSP一年生です 私はSP一年生です
 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年
2008年の主要事項
150
番外

143
142
141
140
139
138
137
136
135
134
11月25日(火)
10月28日(火)
8月 5日(火)
7月 8日(火)
5月27日(火)
5月13日(火)
4月22日(火)
3月 4日(火)
3月 2日(土)
2月19日(火)
1月22日(火)
1月 8日(火)
今日まで数回の授業
HPのアクセスカウンターが 10,000になる
SPの勉強会
SPが2人誕生
OSCEを引きずる新5年次生
新5年次生
学生の言葉や表情をどう感じたか
気持ちが乗らなかった面接
OSCE本番
OSCE最終打ち合わせ
模擬患者は本当の患者ではない
薬学共用試験OSCEトライアルの反省会
150 2008年11月25日(火) 今日まで数回の授業    75 ▲TOP
夏休みが明けた9月から今日までに、私が出席した医療面接授業の参加者数などを列記しておく。
出席回数 授業日 SP数 学生数 教官数 私の出演 特記
144  9月 2日(火) 11

145  9月16日(火) 10

146  9月30日(火) 73 新人デビューあり
147  10月14日(火) 10

148  10月28日(火) 11 74
149 11月11日(火) 10
OSCEの練習始まる
150 11月25日(火) 10 75
今年の最後の授業は12月9日(火)であった。
2009年は1月6日(火)から始まる。

私のSPは2003年1月から6年間続いている。

番外 2008年10月28日(火) HPのアクセスカウンターが 10,000になる  ▲TOP
本日、「模擬患者SP一年生」のアクセスカウンターが「 10,000」になった。
アクセスし、見てくださいました方々には心からお礼を申し上げます。

「模擬患者SP一年生」を開設したのは2004年5月1日だったので、以来4年6か月経っている。1日平均は約6.5。このアクセス数は多いと言ってよいのか、少ないというべきか、まったく分からない。
「国内の現状」のページに掲載したように、我が国の模擬患者は2005年から急増し現在は約千人とのこと。この数字やページの内容を考えればこのアクセス数は妥当なところだろうか。

参考までに、模擬患者関係ページのアクセス数は次のとおりである。
ページ名 カウント開始日 アクセス数 1日平均
模擬患者SP一年生 2004.08.01 10,000 6.5
模擬患者SP教室 2004.08.01 7,070 4.6
医療面接の進行 2005.02.01 6,661 4.9
SPのフィードバック 2005.02.01 2,166 1.6
フィードバックの言葉集 2005.02.01 2,520 1.9
SPとは 2005.02.01 5,745 4.3
SPの歴史 2005.02.01 3,267 2.4
国内の現状 2005.02.01 2,789 2.1
 SPへのアンケート調査 2005.02.01 2,157 1.6

143 2008年8月5日(火) SPの勉強会  15:30-17:30  ▲TOP
大学は夏休み中。医療面接授業はこの間お休みだ。
今日はSPの勉強会、夜は総合診療部の先生方といっしょの懇親会。

勉強会では、医療面接授業を担当されている2人の先生からのお話。
最初は「模擬患者による医療面接授業の意義と問題点」と題して学会で発表された内容の報告。
医療面接実習後の学生のアンケートやSPの反省会から得られた意見などから、この授業の意義や問題点を考察したもの。

次は、SPのフィードバックを基本的なところから再考した。
フィードバックとは何か、その意義は、効果的なフィードバックの仕方は、好ましくないフィードバックは、・・・など。
理解しているつもりであったフィードバックではあるが、改めて基本的なところから勉強すると、これまでのフィードバックにはまずい点が少なからずあったことを認識させられた次第だ。
「模擬患者SP一年生」の「フィードバック」のページを見直すことにした。

勉強会 出席SP10人、教官2人
懇親会 出席SP11人、教官6人

142 2008年7月8日(火) SPが2人誕生   13:30-17:00   ▲TOP
今日の授業に女性2人が初出演。新SPが誕生した。

私が所属するSP研究会において、新人がSPとして学生の前に出演するに至るまでのステップは大体次のようなものだ。

まず、面接授業を見てもらい、SPとは何か、どんなことをするかなどを説明する。
SPをする意思があるようなら関係資料を渡し見てもらう。
さらに数回授業を見てもらう。
性別や年齢を考慮したシナリオを渡し、覚えてもらう。
教官が学生役をして2〜3回練習をする。
これで、学生の前に本番出演となる。

本日の2人は、4月から授業を5回見学、4回目と5回目に練習をして、6回目の今日、本番出演となった。回数は正確でないかも分からないが、大体こんなものだ。

最初のころはシナリオを覚えること、学生の質問に答えることで精いっぱい。学生をSPとして観察することや自分はどのように感じたかを記憶しておく余裕はない。フィードバックに苦労する。
私がSPを始めたころのことが思い出される。

出席SP10人、学生5人、教官2人、見学1人

141 2008年5月27日(火) OSCEを引きずる新5年次生  13:30-17:20  72 ▲TOP
前回の日誌に「新5年次生」のことを書いた。
今日、そのとき授業を受けた学生がSPについての感想やSPに対する要望を書いたアンケートが回覧された。
次のような趣旨の記述があった。
・OSCEの勉強はした。SPはOSCEについても少しは学んでおいていただきたいと感じた。
・OSCEの評価とSPさんの感じ方に差がある気がした。
・OSCEでも主訴は提示してあったので、面接授業でも主訴ぐらいは提示してほしい。
・患者さんのもう少し具体的な情報を面接を行う前に与えてほしっかった。
・面接をしながら鑑別診断するのは初めて!

やっぱりOSCEでの面接の進め方が強く脳裏にあるようだ。
今日、授業を受けた学生もOSCEを引きずる”新5年次生”と感じた。

今日は学生が6人でSPが5人。
学生6人は初めてのことと思うが、SPが学生数より少ないのも初めてのこと。ひとりのSPが異なるシナリオで2回出演した。

出席SP5人(1人は2回出演)、学生6人、教官2人、見学2人(2人とも教官を相手に練習)

140 2008年5月13日(火) 新5年次生   13:30-16:00   71 ▲TOP
SPを相手に医療面接の実習授業を受けるのは5年次生。
今、私たちSPが相手をしているのは3月にOSCEを受け、4月に5年生になったばかりの新5年生だ。
3月まで相手をしていた旧5年生とは勉強の進行度合に1年の開きがある。
授業を受ける学生に、この1年の開きと2か月前のOSCEを引きずっていることを強く感じるこのごろである。

新年度になって2回、授業に参加した。
SPの前に座る学生は医師という意識より学生という意識が強い。患者を診察するという対応でなくOSCE感覚で高得点を意識する学生の対応だ。
OSCE時のようにテキパキとたくさんの項目を聞こうとする。SPの話すことを聞き、メモし、適格に要約する。そこまでだ。患者の不安や苦しみなど一番訴えたいことも他の項目と同じレベルにしか聞いてない。聞いたことをどのように受け止めたかを話し、診断し、自分の考えを伝えることがない。患者の思いを聴いてない、受け止めてくれてない。患者としては物足りなさいっぱいだ。
SPにも新5年生との意識がある。物足りない終わり方であってもあまり突っ込まない。新5年生も1年経てば大きく成長するのだ。
2月、3月ごろの5年生にはこのようなところに1年の長があったことを感じるこのごろである。

出席SP6人、学生5人、教官1人、見学2人

139 2008年4月22日(火) 学生の言葉や表情をどう感じたか 13:20-16:30  70 ▲TOP
患者を気遣う学生の言葉や笑顔をSPはどのように感じたか?

・しんどそうな患者を前にして、学生は何度か次のような声掛けをした。
 「お身体大丈夫ですか」「このままでも大丈夫ですか」「急いで聞けせてくださいネ」
・うなずき、あいづち、反復などで、できるだけ患者の話を聞こうとした。
・学生が「それは・・・」と話し出すのと同時に患者も話し出した。学生はすぐ言葉を中断して患者に話す
 ことをうながした。
・身を乗り出して患者の話を聴いていた。
・手振り身振りを交え、笑顔など顔の表情も豊か。

私はギャラリー席から、「患者のことを親身に思い、よく聞いてくれていると感じた」と称賛した。

しかし、別のSPは次のように受け止めていた。
「演技の言葉だ。作り笑いだ。SPはそれを見抜く」「大丈夫ですかの言葉などで長引かすのではなく、重篤患者だから早く終わるべきだ」「重症度が伝わってない」

この女子学生と私、授業開始前、ほぼ同時に部屋に到着した。入口で一瞬顔が合った。彼女から親しみを感じさせる笑顔で丁寧に挨拶をしてくれた。私もどこかで会ったことがあるような気もしたがその時は思い出せなかった。もしかして? と、ノートを見るとやっぱり、3月のOSCEで私が相手をした学生のうちのひとりであった。

出席SP7人、学生5人、教官2人、見学2人

138 2008年3月4日(火) 気持ちが乗らなかった面接   13:20-16:30  69 ▲TOP
「自分の気持ちが乗らなかった。学生にとっては1回だけの貴重な面接体験なのに申し訳ない」

今日、学生の相手をしたひとりのSPの言葉である。
私もまったく同じ思いであった。
乗らなかった。学生の相手をしながら上の空だった。そっけない自分の対応に申し訳ないなぁ〜と思っていた。

2日前のOSCEに全精力を傾けていた。OSCEが終わったことで、当面のすべてのことが終わったような気がしていた。ぬけがらのSPになっていた。今日の授業は余分なもの、という気がしていたのかも分からない。

前回の面接授業を受けた学生のアンケートを見た。
私が応対した学生はSPに対し次のようなことを記していた。
「SPの方から話してくれたので助かったが、親切すぎた気がする。もっと厳しくしていただいてもよかった」

面接を終わる旨の言葉があったが、患者の思いはまだ十分には伝わってないように感じていた。
面接を終わるようだが、伝えたい患者の思いはこんなことだ・・・というようなことを付け加えた。OSCEではない、授業ならではのことと勝手に考えて引き延ばした。
これが、学生にとっては親切過ぎるものと受け止められたようだ。

このアンケートを見たこともあり、乗らないSPとなったのかも分からない。

平成19年度最後の授業であった。
1年間に面接実習をした学生は90人。出演したSPは延べ90人。
SPの皆さん、先生、学生の皆さん、ありがとうございました。そして、私にも・・・お疲れさまでした!

授業の後、OSCEを反省し、OSCEのとき感じたことなどを話し合った。

出席SP9人、学生4人、教官2人、見学1人

137 2008年3月2日(土) OSCE本番     8:15-17:15   68 ▲TOP
9時スタート。
私は最初の出番、緊張の時が流れる。
直前までシナリオに目を通し、最初のセリフを確認する。名前、年齢、家族構成なども再確認。
ステーションの前に座り、呼び込みの声がかかるのを待つ。名前を呼ばれ入室。最初に演技もする。
学生も超緊張。患者の名前を確認する。次に何を話すか頭の中はめまぐるしく回転している。演技を見るほどの余裕はないようだ。
暗記した主訴を話す。次のオープンクエッションに対してもシナリオどおりに答えなければならない。あとはクローズドクエッションだ。学生の質問を待って答えればよい。フィードバックに気を遣う必要もない。ここからはSPに少しの余裕が出てくる。そして10分の試験が終わる。

受験するのは4年生104名。4列で流れる。
学生は2分間で入れ替わり、課題紙に書かれた課題を確認する。
「開始」の合図でSPを呼び込み面接開始。
試験時間は10分。
10分経過で「終了」の合図。早く終わっても学生は室内に待機。面接途中であっても終了となる。

ステーションは4つ。外来診療室にセットされた。
学生とSPの椅子が用意され、評価者2人が座っている。
机上に課題紙、メモ用紙、時計が置かれている。
SPは各ステーションの前に座って呼び込みの声がかかるのを待つ。
進行担当が開始、終了などの合図をする。

SPは11人。
3つのステーションに各3人、ひとつのステーションに2人が配置され、輪番で出演。私は11回出演した。
フィードバックはなし。
ひとつの面接が終わるとSP用の評価表にチェック。コミュニケーション関係の数項目について3段階評価、全体の印象を5段階評価。

今回のOSCEで感じたこと。
・服装、頭髪などに清潔感のある学生がほとんど。
・最初と最後の挨拶や笑顔が自然で好感を持てる学生が多かった。
・アイコンタクトはよくとれていた。
・SPが座る椅子を疑問に思うところに移動させた学生も少数いた。
・ほとんどの学生が最初にオープンクエッションをした。
 すぐクローズドに入った学生が1人。さらなるオープンクエッションをした学生が1人。
・相づち、うなづき、共感のことばや態度が自然であった。
・体調や苦しさ、手荷物を気遣う言葉もあった。
・顔の表情が豊で大きな手振りを交えて話す学生も。
・要約はほとんどの学生がした。要約に長時を費やす学生もいた。
・治療や検査での希望は? の問いかけがほとんどの学生からあった。
・マニュアル的な進め方やリスト埋めが強く感じられる質問は少なかった。
・「病気に関係あるかも分かりませんのでおたずねします」の前置きがあったので、リスト埋めの質問
 にも違和感がなかった。
・ほぼ10分で終わった学生が多かった。時間を余した学生と足りなかった学生も数人いた。
・身だしなみ、挨拶、声、言葉づかい、あいづち、うなづき、共感、アイコンタクト、開放型質問、要約な
 ど、全体を通して良くできていて好感の持てる学生が多かった。
・「開始・終了」などの合図が聞き取りにくかったステーションがあったのではなかろうか。

OSCE医療面接が終わったのは16時20分。
終了後の全体集会でモニターから「SPが標準化されていて安心した」との講評があった。

出席SP11人、見学1人、受験学生104人、教官・事務官多数

136 2008年2月19日(火) OSCE最終打ち合わせ  13:20-17:00   67 ▲TOP
OSCE予定日は3月1日。
今日は、それまでにSPが集まる最後の機会だ。

授業の後、OSCEにおけるSPの対応について最終の打ち合わせをした。
シナリオごとに、なお疑問なところ、想定される質問に対する答え方、話の進み方の違いによる答え方、質問内容が明確でない場合は確認する、質問事項のみに答える・・・など。

全シナリオ共通のこととして、間の取り方や学生の微妙な対応に応じた進め方、制限時間が厳しいのでSPは要領よく簡潔に答えることなとを確認した。

出席SP11人、学生4人、教官2人、見学1人

135 2008年1月22日(火) 模擬患者は本当の患者ではない 13:20-17:40  66 ▲TOP
学生の前に座る模擬患者は本当の患者ではない。
健康な人である。シナリオの疾患を持った患者を演じているのだ。

学生にはこのことが頭にある。
だから、シナリオの設定が重症であり緊急な措置を要する患者であっても、前に座っているのは「健康な人」という意識がある。重症・緊急ということを頭で認識していてもそれに相応しい対応とはならない。ゆっくり丁寧に語りかける。鑑別に関係ないような質問、カルテを埋めるためだけの質問をすることがある。OSCEではたくさんの項目を聞き出せば高得点になる。この名残りかも分からない。これは授業だという意識が強いのかも分からない。

このように感じることがある。今日も2例あった。

OSCEの練習2回目、4人が練習。
・答えることが3つある場合、話の進み具合、質問内容などによって答える順番を標準化した。
・シナリオを注意深く読み進むと疑問を感じるところがある。このことを質問された場合の答え方を検討した。

出席SP10人、学生4人、教官2人、見学1人

134 2008年1月8日(火) 薬学共用試験OSCEトライアルの反省会 13:30-17:15  ▲TOP
授業の後、昨年12月16日に行われた薬学共用試験OSCEトライアルの反省会が行われた。
OSCEトライアルを実施した大学から担当教官が見えられた。この大学で次にトライアルまたは本番を実施する場合に参考となる改善すべき点などの情報を得るためのようだ。
トライアル実施当日のアンケートに書かれていたことも含め、次のようなことが挙げられた。

・課題の進行途中に「終了1分前」の放送がある。この音量が大きく進行が妨げられることがあった。
・「もう少し詳しく話してください」に答えるセリフが用意されていたが、「もう少し・・」を言った学生はいなかった。
・評価者とSPがフィードバックした。3人が同じ事項をフィードバックすることもあった。フィードバック対象を区分するかSPが最初にフィードバックするなどの配慮があった方が良かったのではないか。
・試験開始前の課題確認時に質問項目をメモし、それを見ながら試験に臨む学生がいた。
・処方せんに目を通したり、処方せんに基づいて質問する学生はいなかった。現実的でない。

この反省会の前には、3月に予定されている医学部OSCEの練習もした。練習1回目だ。
授業を担当している教官が学生役。
同一のシナリオでも話の流れが微妙に違うと答え方が大きく異なるものとなることがあった。
さらに練習を重ね、答えをできるだけ標準化する必要がある。
3人が練習。

出席SP7人、学生4人、教官2人、見学2人

▲2008 ▼2007 ▼2006 ▼2005 ▼2004 ▼2003 ▼2002 ▲SP教室 ▲HOME 2008.01.08.から